その勤怠管理システムで『人件費率の最適化』を目指せますか?

変化の激しい時代、売上予測は日々変わります。

1ヶ月単位の売り上げ予測と、1ヶ月後に結果が分かる人件費管理では、状況の変化に対応できず多くの『人件費のムダ』が発生してしまっています。

特に、人件費率の高い業種においては『最適な人件費率』の把握が経営のカギ。

勤怠管理システム『ファーストネット』は、『最適な人件費率』で人員配置を行うことを目指し、経営効率の最大化に貢献できます。

人件費率の高い、食品スーパーや介護施設などで高い支持を得て導入していただいている勤怠管理システムです。

人件費管理の『本部』とシフト管理の『現場』のデータ連携

経営は常に「Plan]「Do」「Check」「Action」のPDCAサイクルを回す中で事業の最適解を見出し実現することが必要です。

人件費の管理についても同じ。

けれど、これまでは人件費管理の『本部』とシフト管理の『現場』の連携が取れないまま、現場の判断の元にシフトが組まれ、実施されてきました。

勤怠管理システム『ファーストネット』では

「人事予算に基づくシフト計画の立案(Plan)」→「勤怠管理(Do)」→「売上と人件費の実績把握(Check)」→「人件費予算の設定(Acrion)」

のPDCAサイクルの実施により『人件費率の最適化』を目指せます。

シフト計画立案、勤怠管理、売上と人件費の実績把握、人件費予算の設定による人件費率の最適化

「『ファーストネット』人件費・人時生産性 管理機能」を詳しく

『ファーストネット』が選ばれる7つの特長

1.タイムレコーダー不要で勤怠管理の手間を大幅に削減できる

2.細かな勤務形態に対応した勤務管理など現場のニーズに応える豊富な機能

3.多様な勤務パターンを元にしたシフト計画自動作成による省力化

4.人件費予算や作業計画からのムダを省いたシフト計画立案

5.労働基準法に準拠していることをチェックできる勤怠管理

6.現場管理者と本部とデータ共有により随時、最新情報を把握・管理できる

7.給与管理・売上管理システムとの連携や機能追加のカスタマイズ対応

「『ファーストネット』が選ばれる7つの特長」を詳しく

『ファーストネット』の導入効果

1.ムダな人員配置を見直し人件費の削減が可能

2.煩雑な現場のシフト計画・勤怠管理業務の削減で業務に注力し売上増加

3.『人件費率の最適化』により大幅な人件費削減、収益性向上

4.労働基準の法令を順守した勤怠管理

5.人材の最適配置と勤務時間の最適化でスタッフのモチベーションアップ

「『ファーストネット』の5つの導入効果」を詳しく

大幅な人件費削減に成功した事例 多数

食品スーパーや製造工場、福祉施設を始め導入企業では人件費削減効果を上げていただいています。

人件費削減効果

年間2~3億円程度の人件費減できた!小型店舗形態スーパー様(東京都)

残業時間38%削減に成功したスーパーマーケット様(埼玉県)

導入効果実績を詳しく

New Information

  1. 食品スーパー勤怠管理システム

    新規に某食品スーパーで勤怠管理システム『ファーストネット』の導入が決定いたしました
  2. 手のひら生体認証勤怠管理

    コロナ感染予防のため非接触型「手のひら認証」での勤怠管理に対応済み
  3. コンピュータポート株式会社

    コンピュータポート株式会社のコーポレートサイトは移設しました

経営に欠かせない「最適な人件費率」の把握を実現します

人件費の高い業種において『最適な人件費率』を把握し、その中で経営することが必要です。

スタッフの「働きやすさ」や「モチベーション」は有能な人材の確保に欠かせません。その一方で売り上げや顧客満足度に比例しない人件費は常に見直し無駄をなくすことが経営の基盤づくりとなります。

スタッフのシフト管理の段階では、現場のスタッフの働きやすさを重視しがち。売り上げとの結果から適切な「人件費予算」を見出し、次のシフト管理に生かす、このPDCAのサイクルが常に必要ですが、それを実現できる勤怠管理システムはわずかです。
「ファーストネット」は『人時生産性の管理』が人件費率が高い業種における重要な経営課題解決する、と考え、「売り上げから人件費予算を算出する機能」と「人件費予算を元にシフト管理を組み立てる機能」の2つを備えた勤怠管理・シフト管理システムです。

勤怠管理システム導入による人件費削減と利益率向上

勤怠管理システム『ファーストネット』の導入について、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

PAGE TOP