生産性を高めることは従業員満足度の向上につながります

生産性を高めることは従業員満足度の向上につながります

生産性を高めることは従業員満足度の向上につながります

勤怠管理システムによる人件費削減と収益率向上、スタッフのモチベーションアップの導入効果

・人件費を削減して収益性を上げるべき?
・従業員の定着を優先して働きやすさを優先すべき?

コンプライアンスや人手不足やワークライフバランス意識の高まりは、より一層この問題についての方向性を難しくしています。

従業員の定着率向上は、現場の労働生産性と密接な関係があります。

経営の目標である収益性向上と従業員スタッフのモチベーション向上は同時に目指していくことができます。

すべては、人員配置、そこから発生している人件費、勤務状況がリアルタイムに「見える化」することから始まります。

最適な人員配置を目指せる仕組み

予算人時(にんじ)だけを見ていては、コンプライアンスや従業員満足度への対応はできません。

「最適な人員配置」は、「予算人時(人件費予算)」と「従業員の希望勤務」、現場で必要な「作業割当」、さらに「労働法遵守」。
この4つの調整とバランスの中で目指していくことができます。

最適な人員配置は人件費予算と勤務希望条件、必要な作業割当、労働法遵守の4つから編み出される

ファーストネットは、予算人時に加え、従業員との雇用情報を確認しながら、勤務シフトの作成ができます。
更には、予算人時、勤務シフト、実績人時の比較検討がリアルタイムにできる仕組みを提供しています。

最近の記事

  1. 手のひら生体認証勤怠管理
  2. コンピュータポート株式会社

ITのチカラを社会に。横浜システム開発会社 コンピュータポート株式会社
LCD STATION 液晶ディスプレイ用自立型フロアスタンド、各種取り扱いしております。コンピュータポート株式会社

PAGE TOP