人件費削減効果の試算例

人件費削減効果の試算例

人件費削減効果の試算例

食品スーパーやドラッグストアー、ホームセンター、製造工場、介護施設など人件費率の高い業種においては、わずかな人件費の見直しで大きな削減効果が見込めます。

例えばパート従業員 約700人の場合、

シフト計画の適正化と勤務管理をすることで勤務シフトのムリ、ムダ、ムラを排除。

月に2%の総労働時間削減を実現しただけで年間の人件費19,420,800円が削減できます。

人件費削減効果

人件費のムダ2%を無くせば年間約2,000万円の人件費削減効果になります

上記試算では、月間の平均労働を以下のように仮定し計算しています

人件費削減効果の試算表

平均勤務時間 115時間
平均出勤日数 17.5日
平均時給 1,005円
平均給与額 115,575円 (115時間×1,005円)
削減時数/1人 2時間30分 (115時間×2%)
削減金額/1人 2,312円 (115,575円×2%)
削減額/月 1,618,400円 (2,312円×700人)
削減額/年 19,420,800円 (1,618,400円×12ヶ月)

上記試算は、当社で想定したモデルケースによるものです。従い何ら結果を保証するものではありません。
また、実際に導入する端末数などの条件により、導入費および保守費用は変動いたします。(従業員数による価格設定ではありません)

貴社の人件費削減効果について試算いたします。お気軽にお問合せください。

人件費削減効果の試算アドバイス
お問い合わせ

最近の記事

  1. 手のひら生体認証勤怠管理
  2. コンピュータポート株式会社

記事一覧

ITのチカラを社会に。横浜システム開発会社 コンピュータポート株式会社
LCD STATION 液晶ディスプレイ用自立型フロアスタンド、各種取り扱いしております。コンピュータポート株式会社

PAGE TOP